つりんし【TSURINSHI ENJOY FISHING LIFE】|大分県をメインに釣りをするビギナールアーマンの備忘録。

Twitter Instagram お問い合わせ

スマホメニュー

臼杵でマゴチ釣り


夕マヅメのマゴチング

update2018/10/24

Anglerあっくん

最近、週末の夕マヅメは臼杵に釣行することが多い。

何と言っても市内から近いという点が挙げられる。

佐伯だと、夕マヅメ後に帰るのはどうしても体力がいる。

それだったら市内からアクセスがよくすぐに帰れる臼杵を選ぶ、、というのが理由だ。

前回のブログにも上げたが、個人的には臼杵でのマゴチの釣果は高い。

数は釣れないにしても50アップ手前のものが着いてくるので釣る分にも食べる分にも嬉しい。

そんなこんなで夕マヅメの臼杵釣行開始。

 

まずは河口でチヌ・シーバス狙い

いつもの河口に行くと、すでに先人が。

チャリンコに乗ってきている若い子なので地元の学生とみられる。

何かが釣れているようで遠目から見てみる、メッキ?かチーバス?のようだ。

自分は遠目からルアーマンだと判断し、距離を取り防波堤の上からキャストする。

すると、急に水面でパシャ、パシャと細かいライズが始まる。

メッキか?と思い、投げていたバイブレーションからフローティングペンシルに変えドッグウォーク。

水が濁っているせいか、ペンシルには反応なし。

では小さいバイブレーションの表面巻きはどうかと思い、12g程度の小さい鉄板バイブを表面巻きするが、アタリはあれど食いつかず🤔

再びペンシルに変え、今度はゆっくりめのドッグウォークにすると

 

チーバスゲット。

わかってましたよ、ええ。

リリース。

チヌ・シーバス狙いとはいったもののこれではさすがに物足りないので、テトラ側に移動して釣り再開。

 

きました夕マヅメマゴチ!

河口側だけでなく、海が全体的に濁っている。

しかし夕マヅメパワーを信じ、メジャクラのジグパラブレードレッドゴールドをチョイスしてキャスト。

底を取っていると、なんとなくいつもより海藻ゴミが多い感じがとれる。

めげずに、底を取りつつリフトアンドフォールを繰り返すと、フォール中にグンッ!とアタリが。

アワセると、ラインが走り出すので焦らずファイト。

首を振るのでマゴチかな?と思い巻き続け、表面まで上がってきてマゴチだと確信する。

テトラなのでぶち上げることができず、持ってきたタモでランディング。

無事マゴチをゲット!

50アップ一歩手前のナイスサイズ。

マゴチのバイブレーションゲーム、本当に楽しい。

このマゴチはちり鍋要員になってもらうことに🕶

 

なかなか50アップが釣れないが、とりあえずいいサイズが釣れたところで即帰宅。

これができるのも臼杵のいいところ。

 

おそらく今週末も臼杵の河口をうろうろしている予感😎

そんなところで、今回はここで締め〆

今回使用した釣具

ロッド:N-ONE NSS-902L
リール:カルディア LT3000-CXH
ルアー:ジグパラブレード、ソルトペンシルF

この記事を書いた人

このブログを作った人。大分県の片田舎生まれ。
釣りは子供の頃は親や友達とたまに行く程度でしたが、引越しを気に釣り熱が再燃。
モットーは”釣りは楽しく”。
現在の目標は”脱初心者”です。
色々な釣りができる釣り人を目指してます。

[addtoany]
© 2018 TSURINSHI.