つりんし【TSURINSHI ENJOY FISHING LIFE】|大分県をメインに釣りをするビギナールアーマンの備忘録。

Twitter Instagram お問い合わせ

スマホメニュー

安岐漁港にシーバスを求めて


雰囲気は素晴らしいが

update2018/05/19

Anglerあっくん

大分県北で釣り

この日は、15時スタートで豊後高田の香々地新波止から釣り開始。

初めての場所なので、地元の方に話を聞くとサヨリが釣れているらしい。

サヨリパターンでシーバスがいないかと思い釣りをするも、同行者のルアー(ジグパラスピン)にまさかのメゴチがひっかかるというファインプレーが起こるだけで完全にスカ。

その後同同行者がカサゴを釣ったのを最期に、移動。

安岐漁港にて

18時にジョイフルにてご飯を食べて、あたりが暗くなってきたので安岐漁港に移動。

釣れそうな雰囲気バリバリである。

なおここの漁港、先端の街灯が2つに分かれているのだが片方は駐車禁止になっているところは注意したい。

早速釣りを開始。

バイブレーション…反応なし

フローティングミノー…反応なし

その他ハードルアー…反応なし

釣 れ な い

釣れそうな感じがバリバリするのになー。

さっぱり釣れない。

何も反応がないので、飽きてアジング用のワームに付け替え再挑戦。

すると…

メバルさんこんばんは(小さいのでリリース)

この時自分の何かに火がついたのか、シーバスロッドでメバリングを決行。

ロッドの長さを持て余しつつも、ライトゲームで培った技術を使いメバリングをしてみると

釣れる釣れる。

食いついてもロッドが太いので弾いて食い切れないパターンも多々あり、そんな中で10匹程度を釣るもサイズがかわいいのでオールリリース。

なんとなく良いサイズもいるように感じられたが釣り上げることができずタイムアップ。

安岐漁港を後にし、杵築にてシーバスを狙うもノーバイトノーフィッシュで終了。

まだまだ県北は経験が少ないので勉強ですね。

ではまた次回。

今回使用した釣具

ロッド:N-ONE NSS-902ML(メジャークラフト)
リール:エクセラー 2506H(DAIWA)
ルアー:Tict ブリリアント、フィジットヌード1〜2インチ等
ライン:弾丸ブレイドX4 0.8

この記事を書いた人

このブログを作った人。大分県の片田舎生まれ。
釣りは子供の頃は親や友達とたまに行く程度でしたが、引越しを気に釣り熱が再燃。
モットーは”釣りは楽しく”。
現在の目標は”脱初心者”です。
色々な釣りができる釣り人を目指してます。

[addtoany]
© 2018 TSURINSHI.